一般公開ページ

お知らせ一覧

大豊プラント計画の産廃焼却施設建設工事差し止め訴訟の証人尋問の予定が決まりました
2015.03.17(火)

大豊プラント計画の産廃焼却施設建設工事差し止め訴訟の証人尋問の予定が決まりました

民家との敷地距離が、10数メートルという異常な建設計画であるだけでなく、焼却炉の構造でもダイオキシン等有害物質が大量に放出の心配があること、申請書類の不備など、問題が多く、専門家がそろって、建設・操業に異議を唱えています。
予算決算委員会が開かれています
2015.03.17(火) 《 活動報告 / 村議会 》

予算決算委員会が開かれています

昨日から、予算決算委員会が開かれています。今議会から、一般会計予算決算委員会、特別会計予算決算委員会が常任委員会とされ、審査することになりました。補正予算もそれぞれ審査します。質問通告制で行われます。
3.11を忘れない東海イレブンアクションに参加
2015.03.12(木) 《 新着情報 / お知らせ 》

3.11を忘れない東海イレブンアクションに参加

毎月11日に、東海駅東口で、〝福島原発事故を忘れない、東海第二原発は廃炉に〟と行っている行動です。今回は事故発生から丸4年を迎えての行動です。未だに12万人あまりの方々が避難を余儀なくされており、事故原発は被害を拡大。国内すべての原発は一日も早い廃炉決断が求められています。同時に脱原発路線を。
今日は、国際女性デーです
2015.03.08(日) 《 新着情報 / お知らせ 》

今日は、国際女性デーです

世界の女性が男女平等のために、いっせいに立ち上がる日です。昨年、世界経済フォーラムが発表した男女平等指数で、日本は136カ国中、105位と、発達した資本主義国で最低です。どうなっているの?(左の写真は、ミモザの花)
菜の花会交流会に参加しませんか
2015.03.07(土) 《 新着情報 / 菜の花だより 》

菜の花会交流会に参加しませんか

菜の花会(東海みなみ日本共産党後援会)では、3月28日、常陸大宮市の秘湯、湯の澤鉱泉で交流会を開きます。会員さん、菜の花だより読者さんはもちろん、「これから入会したい」「読者になりたい」とお考えの方、ぜひお問い合わせください。ごいっしょに参加しませんか。
2015年3月議会が、2日に開会されました
2015.03.07(土) 《 活動報告 / 村議会 》

2015年3月議会が、2日に開会されました

村長の2015年度施政方針の説明では、「給付型から支援型へのサービス転換」と称して、介護保険サービス利用料への助成打ち切りなど、生活弱者への容赦ない負担増を強いる予算案が提出されました。説明の最後には、「改革に躊躇なく取り組む」と加えられ、東海村政の独自性が失われる方向性がうかがえました。
日本共産党2015年党旗開きが行われました
2015.01.06(火) 《 新着情報 》

日本共産党2015年党旗開きが行われました

1月5日、日本共産党2015年党旗開きが行われ、志位委員長のあいさつを、日立の党事務所で、同時視聴できました。事務所には会議室をうめつくす方々が集まり、いっしょに視聴しました。
50分ほどのあいさつを聞いた後で、交流を行いました。
昨年来の風邪ひきが治りませんが、街頭からの新年のあいさついたしました。
2015.01.04(日) 《 新着情報 》

昨年来の風邪ひきが治りませんが、街頭からの新年のあいさついたしました。

2日に街頭宣伝しました。外気は冷たく、体力的には少々きつかったのですが、躍進のお礼と、今年の決意を述べるためです。途中、「がんばっていますね」と声をかけていただき、もう少しがんばろうと力が湧きました。でもちょっと表情はケワシイ。
いただいた躍進を力に村民の命・くらし守ってがんばります
2015.01.02(金) 《 新着情報 》

いただいた躍進を力に村民の命・くらし守ってがんばります

2013年は、私にとっていつにも増して大忙しの日々でした。この間、山田修村政になってからの議会の様子、国・県・村あての申し入れや、原電あての申し入れなどさまざま取り組みましたが、このページでご報告することができませんでした。今年は、総選挙でいただいた躍進を力に、村民の命・くらしを守るため国会・県議会・村議会が連携してがんばり、そのご報告に努めます。
日本原電に東海第二原発の安全審査申請方針の撤回を求める要請
2014.02.12(水) 《 活動報告 / 村議会 》

日本原電に東海第二原発の安全審査申請方針の撤回を求める要請

2月4日、一部マスコミが「原電は、この3月にも東海第二原発の安全審査申請を行う方針を固めた」旨の報道を行ったことについて、10日に、東海第二原発の廃炉を求める団体の皆さんといっしょに、報道の事実関係の確認と、安全審査申請の方針を撤回するよう求めました。
ホームへ戻る
ページの先頭へ